自然と未来株式会社

地域未来牽引企業

企業案内 企業データ

会社名 自然と未来 株式会社
Nature & Future Inc.
事業内容 地域循環環境エネルギー普及事業
  • ・廃食用油回収
  • ・ReESEL製造販売
  • ・わくわく油田プロジェクト
  • ・オフセットクレジット販売
代表者 取締役会長 星子 文
役員構成 取締役会長 星子 文
代表取締役社長 山田 浩之
取締役 新永 隆一
取締役 吉平 拓和
取締役 薮内 利和
監査役 栗谷 利夫
特別顧問 米満弘之
中山峰男
小笠原嘉祐
資本金 24,000,000 円(2016年8月現在)
設立 2010年4月1日
社員数 4名(2016年10月1日現在)
所在地 〒861-5274 熊本県熊本市西区新港1丁目4-17
TEL:096-342-6550 FAX:096-342-6684
主取引銀行
  • 肥後銀行
  • 熊本銀行
主な取引実績 (五十音順)
  • 石坂グループ
  • 九州産廃株式会社
  • 興亜建設工業株式会社
  • 株式会社玉名リサイクルプラザ
  • 天栄工業株式会社
  • 東光石油株式会社
  • 前田産業株式会社
  • 株式会社星山商店
  • 株式会社マルコ建設 等

沿革

2016年10月 熊本暮らし人まつりみずあかりに参加(自然と未来ブース設置)
2016年9月 朝日新聞9/9朝刊に記事掲載(宇土市役所本庁舎解体工事)
2016年9月 宇土市・西松建設・自然と未来の3者協定締結(宇土市役所本庁舎解体工事)
2016年9月 熊本日日新聞9/11朝刊に記事掲載(宇土市役所本庁舎解体工事)
2016年9月 西日本新聞(9/22)、無料ニュースアプリグノシー(Gunosy)(9/22)、Yahoo!ニュース(9/23)、朝日新聞(9/24)、産経新聞(9/29)宇土市役所解体工事関連記事掲載
2016年9月 各テレビ局(KKT,RKK,TKU,KAB)にて宇土市役所解体工事に関する3者協定締結ニュース報道
2016年8月 宇土市本庁舎解体工事に、宇土市民からの回収廃食用油で作られたリーゼル燃料を提供
2016年8月 熊本県公共関与管理型最終処分場(エコア熊本)でリーゼル燃料使用開始
2016年8月 山鹿灯籠まつりたいまつ行列の燃料に地元廃食用油からのB100燃料使用
ソーシャル・イノベーション・マガジン!alternaに記事掲載
Yahoo!ニュースに記事掲載
2016年4月 熊本地震ボランティア宿泊施設”崇城大学ボランティアビレッジ”のディーゼル発電機にリーゼル燃料供給
2016年4月 RKB放送「世界一の九州が始まる」にて弊社紹介
2016年4月 熊本地震に伴う燃料不足から、熊本県要請により緊急車両にリーゼル燃料供給(100台、30t以上)
2016年4月 熊本地震に伴う燃料不足から、熊本県要請により南阿蘇村被災者避難施設のディーゼル発電機にリーゼル燃料供給
2016年3月 業務拡大に伴い、熊本市西区新工場移転
2016年1月 西日本新聞記事掲載
2015年10月 第3回サステナブル国際会議(北九州市)にてキーノートスピーチ
2015年9月 「TEDxFUKUOKA2015」パピヨン24ガスホール(福岡市博多区)にて講演
2015年8月 熊本県玉名郡和水町「和水古墳祭」たいまつ燃料にB100使用
2015年5月 熊本県立大学にて講演
2015年4月 日本建設業連合会発行「建設業におけるバイオディーゼル燃料利用ガイドライン」に九州域BDF調達先として紹介
2015年3月 立命館アジア大学パネルディスカッション参加
2015年12月 荒瀬ダム撤去に伴う導水トンネル埋め戻し工事に弊社再生バイオディーゼル燃料使用開始
2015年10月 第3回サステナブル国際会議(北九州市)にてキーノートスピーチ
2014年8月 日本経済新聞記事掲載
2014年3月 熊本県議会議員弊社工場視察
2014年2月 熊本県副知事弊社工場視察
2014年1月 テレビ熊本取材
2013年12月 熊本学園大学油田プロジェクト学園大バスでB100使用開始
2013年12月 環境省「地球温暖化防止活動環境大臣賞」受賞
2013年12月 熊本日日新聞社記事掲載
2013年12月 東光石油B5販売スタート
2013年7月 熊本学園大学油田プロジェクト開始
2013年7月 環境省及び熊本県の「県北地域BDFを主軸とした環境教育普及活動」採択
2013年7月 熊本県「くまもと循環型社会賞」受賞
2013年4月 総務省地域経済循環創造事業採択(東光石油と共同)
「県民総でのぐるみBDF燃料普及による熊本県経済・エネルギー循環創造事業」
2013年2月 熊本日日新聞社記事掲載
2013年1月 BDF専用メタノール販売開始(origial)
2012年11月 玉名油田スタート
2012年8月 熊本BDF利用促進協議会発足
2012年8月 わくわく油田プロジェクト廃食用油回収スポットを県内に設置開始
2012年6月 環境にやさしい~熊本油田プロジェクトスタート
2012年3月 環境省オフセット・クレジット(J-VE R361t-CO2)認証
2011年5月 くまもと環境フェアの発電機として使用(B100燃料)
2011年4月 環境省オフセット・クレジット(J-VER)プロジェクト登録
2011年2月 熊本市より再生利用個別指定業認定証を受ける
2010年4月 自然 と未来株式会社設立
^